日高歯科クリニック  >  矯正歯科

※現在、当院では矯正治療は行わず、信頼できる矯正医を紹介させていただいております

矯正治療で素敵な笑顔を

矯正治療で素敵な笑顔を

食生活が変わってきたことで、現代人の顎はだんだん小さくなっている傾向があり、本来生えてくるべき歯が一列に並ぶスペースが足りずに、歯並びが乱れてしまう方が増えています。新小岩の歯医者「日高歯科クリニック」の矯正歯科では、そういった歯並びの乱れを改善する矯正治療を行います。また、ここで勘違いしていただきたくないのが、矯正治療の目的は見た目の美しさを改善することだけではないこと。歯の役割である「咀嚼(そしゃく)」「発音」「顎の発育」を正常に機能させることも目的としています。

あなたの気になる歯並びはどんなタイプ?

上顎前突
(じょうがくぜんとつ)
上顎前突
下の歯列より上の歯列が前に飛び出している状態(出っ歯)。上顎の骨格自体が前突している場合と、前歯そのものが前突している場合があります。
下顎前突
(かがくぜんとつ)
下顎前突
上の歯列より下の歯列が前に飛び出している状態(受け口)。下顎の骨格自体が前突している場合と、前歯そのものが前突している場合があります。
叢生
(そうせい)
叢生
八重歯など、本来の歯列から歯が外れた位置に生え、歯列がでこぼこになっている状態です。
過蓋咬合
(かがいこうごう)
過蓋咬合
上の前歯が下の前歯に深く被さっている状態。顎にダメージを与えることがあります。
開咬
(かいこう)
開咬
奥歯でしっかり咬んでも上下の前歯に隙間が空いている状態。指しゃぶりの癖が長引くと起こりやすくなります。喉、鼻の障害をともないやすい傾向にあります。
すきっ歯
すきっ歯
歯と歯の間に隙間が空いている状態。食べかすが詰まりやすくなり歯周病の原因になりやすく、空気が漏れて発音が悪くなることがあります。

日高歯科クリニックの治療の流れ

Step 1カウンセリング

当院の矯正治療はカウンセリングからはじまります。お口の中を拝見して問題点を確認し、患者さんに合う治療法をご提案。使用する装置や治療期間、費用の説明もいたします。ご質問などがありましたら、遠慮なくおたずねください。

arrow

Step 2検査・説明

患者さん一人ひとりに必要な検査を行います。レントゲン撮影、口腔内写真撮影、歯型の採取、模型の作製、顎・顎関節の機能検査などで正確な診断を行った上で問題点の排除や原因を究明。お口の機能の改善方法についてプランを立てます。

arrow

Step 3治療

いよいよ治療開始です。矯正治療は長期にわたるもの。患者さんの前向きな姿勢と根気も必要です。当院では患者さんとの信頼関係を築くため、コミュニケーションを大切にしながら治療を進めてまいります。

arrow

Step 4保定

矯正治療が終わった後の歯は、元の歯列に戻ろうとします。それを防ぐために歯列を固定するための装置を装着し、歯列の安定を待ちます。保定は仕上げとして大切な期間です。

矯正治療を成功させるためには、保定期間までしっかりと治療していくことが大切です。私たちとともに、最後まで根気よく治療を続けていきましょう。

日高歯科クリニックの診療予約はこちら